fc2ブログ

末広がり日記

気持ちの整理がつきません
今日の事です
悲しい辛い嫌な事たくさんです


2010/04/22


病院から結果をもらい
リンパ腫確定の為抗癌治療をすることに

でも、そのセカンドオピニオンの病院が遠くて
酸素室がお気に入りになっているタシュには
移動が苦しいのではと思い
タシュが保護された時にお世話になった病院を思い出し
今現在の状況を説明
抗癌治療をしてくれるとのことで
すぐにその病院に行く準備をした

その日のタシュは
いつもどおり朝10gのa/d缶を食べ
自力でトイレに行ってうんち
偉いねー今日我慢すれば良くなるよ
なんて話していた

タクシーに乗って1分もしない頃から鳴き始めた
前回の病院のトラウマか
それとも呼吸が苦しいのか
のぞくと暴れてキャリーから飛び出そうとした
嫌な予感がした
5~6分程で病院に到着したものの
呼吸が荒く危険な状態

あわてて病院にかけこみ酸素吸入してもらう
すこし落ち着いたと思ったら
レントゲン室でまた鳴き叫んでいる
私が一緒に入ったら少しおとなしくなったけど
突然暴れ始めた
先生に駆け上り床に横になって倒れた

名前を呼んでも
尻尾を太くし目をまん丸に見開き
聞こえていなかったと思う
私の顔を見ることはなかった
手を触ると硬直
舌が真紫になっていた

そこから先生たちが救急の対応を始めた
気道を確保しながら心臓マッサージ
何本も打たれる注射
全然動かないタシュ
最後には電気ショックを与えた
3度目の時焦げ臭いにおいがした

それからまた注射を打とうかと話していたので
もうやめてもらった
獣医師さんが心臓マッサージの手を止めると
心電図も動かなくなった

相当怖くて苦しかったんだろうね
車の移動の負担と恐怖
車=前回の検査→もう嫌だ!
って感じで暴れたんだと思う

あんなに苦しんで嫌な思いのまま死んでいくなんて
本当に辛い
何もしてあげられなかったうえに
恐怖心だけの最後なんて悲しすぎる
ねえちゃんの馬鹿!馬鹿!馬鹿!って思ってたんだろうな
この数日はいい事何もなかったもんね
朝まで落ち着いてたのに
タシュくん本当にごめんね




タシュが亡くなってから
注射や消毒液だらけの身体を綺麗にしてもらっている時に
病院の先生と話をした

先週は元気だったんです
病理の結果が5~7日後と言われて
待っている間にここまで酷くなったんです
顕微鏡検査だけでは抗癌治療は駄目なんですか?

先生は
Felvキャリアであること
レントゲンとエコーと顕微鏡の胸水の確認で
もちろん病理検査は出すけど
その結果の前に抗癌治療していましたね
と言っていた
でも、その救急で行った病院は正しいんですよとも…
タシュの最後のレントゲンをみながら
この状態から良くなった子もたくさんいるので
本当に残念ですと言ってくれた

激しい後悔
先週ほぼ元気な時にここに来ていれば
すぐに抗癌治療を始められて
もしかしたらいい方向に向かっていたのでは…

月曜に呼吸が少し気になってきた時
又たくさんの検査をされるのは可哀相だと待たず
他の病院に連れて行けばよかったのでは…
そうすればタシュは
こんな悲しい最後を迎えなくてすんだんじゃないか

せっかく気づいて病院に行ったのに
一度も治療出来なかったのが悔しくてしょうがない
そんなことばかり考えて
タシュに申し訳ない気持ちで胸がいっぱい

M氏は
その時はそれが良かったと思っていたし
こんなことになるなんて予想も出来なかったから
考えたってしょうがないよと言ってくれますが
後悔と悲しさで苦しいです

タシュはもう横になって寝られる
走れる遊べるゴロゴロできる
もう苦しくないんだと思わなきゃいけないんだけど
まだ受け入れられません

タシュくんを抱っこして
いいにおいのお腹を嗅ぎたいです
もっふもふしてもされるがままのタシュくんが大好きです
最後の一週間は一度もゴロゴロ言ってくれなかったね
もう嫌われちゃったかな
悲しいよ

不調の信号に気づいたのに
全然うまく対応できなくてごめんね
本当にごめんねタシュくん

comment:9   trackback:0
[病気と旅立ち
comment
今日、そんな事があったんですね…。
とてもお辛かったですね。。。

でもazureさん、どうかご自身を責めすぎないで。。。
そんな事を目の当たりにしたのなら、気持ちの整理がつかなくて、胸が張り裂けそうな気持ちになるのはよく分かります。

タシュ君、ちょっと辛い最後だったけど、
でもazureさんを恨んでなんか絶対ないよ!

病院の選択ってとっても難しいですよね。。。
私も、きっと他のどの方だって、今回のように初めての病気に対面すれば、azureさんのように、検査結果を待たずに他にいくべきか、結果を待つべきかって悩んで、同じ選択をする人も沢山いると思います。
でもタシュ君の病気を治してあげたい!って、そのために自分を励まして頑張ってくれていたazureさんのこと、ここまで大切に育ててくれたazureさんのこと、感謝こそすれ、恨んでいるはずなんてありません。

猫ちゃんやわんちゃんなどの動物は、人間と違って、自分の生も死も、ありのままに受け入れる事ができるとっても純粋な生き物です。
そんなピュアなハートの持ち主だから、生まれ変わるのも早いって言います。

人間は頭で色々考えることができる知恵をさずかっている分、生や死を目の当たりにすると、臆病になったり、考え込んだりするけど、動物はもっとシンプルにとらえているらしいです。
タシュ君も、きっと、azureさんがおっしゃってるみたいな、恐怖心だけの嫌な最後というのではなくて、
「どこに連れていかれるんだろうってちょっとドキドキ興奮してたんだ~。そんな時にいっぱい人に囲まれちゃったからびっくりして飛び跳ねたら、なんだか体が軽くなっちゃったー。僕、最近体調が悪かったのにさ、ちょっと無茶しすぎたかなぁ。。。でも今はもうどこにでも飛んでいけるようになったよ!僕元気だよー。」って、その時起こった事を、あのいつも元気で陽気だったタシュ君らしく、ありのまま受け止めてるんだと思うよ。決して恨んだりしてないと思う。

そして、タシュ君は、もしかしたら、最後にazureさんが一番相談しやすい先生と出会わせてくれたのかもしれませんね。ウルーちゃんにとっては今後、とても大切な財産だと思います。

今は、タシュ君が無事に天国に辿り着けるように、心をこめてお祈りしましょうね。
大好きなazureさんに笑ってほしいって、タシュ君はきっと今も思い続けているはずですから、今は無理でも、少しずつ元気になって笑顔を取り戻して下さい。タシュ君が喜びますよ♪
2010/04/22 20:28 | | edit posted by かおりん
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/22 21:43 | | edit posted by
タシュ君、azureさんお疲れさまでした
タシュ君、逝ってしまったんですね。

そんなことが 今日あったんですね。
azureさん、私もかおりんさんと同じことしか言えないけど、自分を責めないでと いっても難しいとは思いますが、ただ タシュ君は、今でもazureさんが 大好きで~自分を責めて悲しんでる姿を見て タシュ君が心配して迷ってしまいます。


と 打ち込みつつ・・・今夜は 私も泣きながら過ごすことになりそうですが・・・。

病院とのめぐり合わせは、縁と運・・・。
今回 azureさんの記事を 読みながら 思っていたのは全く治療に入ってくれない もどかしさです。
でも・・・でも、その時 その時は最善の道を見つめていたはずですし、自分を責めないでくださいね。

可愛い 可愛いタシュ君、azureさんに迎えられて 仲良しのウルちゃんと 楽しい時間があったんですから・・・。
ずっと 心の中で生きていてくれます。

最後を 保護してもらった先生のところで迎えたのは タシュ君が 引き合わせてくれたのかもしれないと 私も思います。
ウルちゃんも 病院選びの選択肢が広がります。

泣きながら パソコン打ってたら、茶とらんが神妙な顔してこっち見ています。茶とらんの兄弟10匹(一緒に捨てられてた子を含む) 生後1週間で世話始めて 助けれたのは茶とらん含めて3匹・・・いまだに そのときの自分を 責めて後悔していますが、そのときの経験を 今に生かせてるのではないか?そう思うことにしています。

タシュ君が 虹の橋を渡って、天国にいけるよう 私も主人とともに お祈りしています。
azureさん、何度も言いますが、タシュ君は、最後までazureさんを嫌うことはなかったです!!一番信頼すべき人は誰か 分かったいたはずです。
大好きな人が ずっと落ち込んでいたら タシュ君も悲しいはず・・・。時間は、かかると思いますが、元気になって くださいね。
それが、タシュ君の願いでも あると思っています。

タシュ君のご冥福を お祈りしています。
2010/04/22 21:58 | | edit posted by 花あじさい
タシュくん、おつかれさまでした。よく頑張ったね!
azureさん、お辛かったですね・・・
皆さんもおっしゃってますが、ご自分をそんなに責めないでください。
タシュくんもきっとそばで心配して見てますよ。
後悔する気持ちを止めることは今はできないと思いますが、
azureさんはいつもその時タシュくんのために最善と思ったことを
選んできたんですから・・・それ以上、心を痛くしなくていいんです。
うまく言葉にできませんが・・・・
時間はかかるだろうけれど、少しずつでいいので
ウルーちゃんのためにも笑顔に戻っていってくださいね。
タシュくんのご冥福を、心からお祈りしています
2010/04/23 01:37 | | edit posted by バルー
あまりにも突然のことで、タシュくんは絶対によくなってくれると信じてたので、今、涙が止まりません・・・。
なんて言ったらいいのか分かりませんが、azureさんはタシュくんのためにとたくさんがんばってこられたのだから、皆さん仰ってるようにご自分を責めないでくださいね・・・。
タシュくんも、azureさんがタシュくんのためを思ってやってきたことをちゃんと分かってくれてますよ。
それでも、つらいですよね・・・。私がこれだけつらくて涙が出るんだから、azureさんはその何倍も何十倍もつらいだろうと思うと・・・。
ああ、ごめんなさい、うまいこと言えなくて・・・。
ただただつらくて、涙が止まりません・・・。

タシュくん、最後まで本当にがんばったね。
今は楽になったかな。
天国から、azureさん、M氏さん、それからウルーちゃんのことを見守っててね。

タシュくんのご冥福をお祈りいたします。
2010/04/23 04:52 | | edit posted by alpenkatze
タシュ君・・・
旅立ってしまったんですね
辛いですね・・

でもタシュ君は最後まで一緒に居てくれたことを
喜んでいると思いますよ

病は急に襲ってくるので、その時に出来ることを
精一杯やっても悔いが残ってしまいます
私も悲しくて上手くは言えませんが
azureさん、これ以上自分を責めないで下さいね
タシュ君、虹の橋からニッコリ見つめていますから・・
2010/04/23 07:30 | | edit posted by 卯月
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/23 08:29 | | edit posted by
前の記事を見て驚きました…
こんなに急に…
だって数日前まで元気だったのに…
azureさんはとってもとっても辛いと思います…
言葉を話せない彼らにもっと最善の方法があったのではないかとか、なんで早くわからなかったのかとか…自分を責めてしまう気持ちもわかります。
でもね、苦しいときに病院に連れていってくれたり、ごはんをくれたり、酸素室に入れてくれたり、タシュくんは嬉しかったと思いますよ。
愛情たっぷり育ててくれた飼い主さんのことを恨むわけがない。
人に聞いた話で、虹の橋を渡った子たちは、向こうで飼い主さんが来る日まで、ずっと楽しみに待っているそうです。
だから悲しんでばかりではいけない。
今はいっぱい泣いて泣いて下さい。
そのあとはタシュくんの分もウルーちゃんをかわいがってあげてください。
タシュくんが頑張っている間、ウルーちゃんだって頑張っていたのだから…

うまく書けなくてごめんなさいね。
私もさよならは言いたくないから、言いません。
タシュくん、お疲れ様!
いいこで待ってるんだよ~!
2010/04/23 10:45 | | edit posted by あんずミャミャ
初めまして
かおりんさんのところから伺いました。

お寂しいお気持ちお察し致します。
私もこれまで何匹もの愛猫を天国に送ってきましたから・・・。
昨年も見送ってます。

今は何を申し上げてもただただお辛いとわかっています。
どんなに一生懸命してあげたとしても後悔が残ります。
でも、タッシュちゃんは「ママありがとう~!」って言ってますよ・・・。

早くお元気になられることもタッシュちゃんのためですよ!
2010/04/23 11:15 | | edit posted by アビmama
comment posting














 

trackback URL
http://bringengluck.blog88.fc2.com/tb.php/246-c194a98a
trackback