fc2ブログ

末広がり日記

遅くなりましたが
あけましておめでとうございます

そして年末の更新では
拍手やコメントから
タシュくんに対する皆さんの思いを沢山いただき
本当にありがとうございました
やっぱりイケニャン!
タシュは女泣かせですねー

そして遅めの新年初更新なのですが
実はウルーが入院をしてしまっているのです
新年早々いいお話ではないので
更新が遅くなってしまいました
ウルー頑張ってます

入院に至る経緯

いつもどおり朝ご飯の催促
餌を入れ、私は洗濯をしに別室へ
すると部屋から聞いたことのないウルーの鳴き声
部屋に戻ると吐きたそうにしながら鳴き
小さくうずくまってしまう

鳴きながら吐こうとするのはおかしいし
血液検査もしなくてはいけなかったので(11月のGPT値の件)
そのまま病院へ

触診で異常なし
大丈夫ですよーと熱を計ろうとしたらお漏らし
(ウルーは注射より検温が大嫌い)
するとお漏らしした尿が褐色!
先生が慌てて尿を取り検査へ

おしっこは毎日チェックをしていたけど褐色は初めて
血尿は赤いものより褐色のほうがよくないらしく
そのまま入院して検査をすることに

次の日
全身のレントゲンとエコー検査を見せてもらう
内臓はすべて綺麗
リンパにも異常なし、少しホッとする

血液検査の結果
前回不安だったGPT値は倍に増加
他に気になるところは赤血球の少なさ
褐色の血尿は
赤血球が壊されて尿に混ざっている状態とのこと
血液検査からすると貧血なのは間違いないけど
どういう種類のものかはっきりせず
詳しい検査(5~7日)に出すことに

次の日
ウルーは猫白血病キャリアなので
溶血性貧血の可能性が高いのだけれど
それと判断できるビルビリンというものが
全く尿に出てきていない
(溶血性貧血だと尿に溶けて出るらしい)
そしてこの日は普通の尿!
謎が多くてこれという治療に踏み切れない

そしてGPT値がまた増加
肝臓の機能が悪くなっている
少しだけ耳に黄疸、顔に浮腫み

食事をしないうえに(点滴しています)
いつ状態が悪化するかわからないので
退院はできません
こんな感じでウルーは入院生活を送っています

面会にいくと唸って怒ります
貧血症状なので怠いようです
文句をいいながら抱っこされて
腕枕でうとうとしています
ただ一度もゴロゴロ言ってくれません
甘えん坊なのでかなりご不満のようです
連れて帰りたいけどそういうわけにはいかないので辛いです
帰り際に鳴かれると
ついこちらも泣いてしまいそうになります

新年早々あまりいいニュースでなくてすみません
皆様のところにもゆっくり伺えない状態です
でもウルーは頑張ってますので大丈夫です
また結果報告します

comment:1   trackback:0
[病気と旅立ち
comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/01/09 11:21 | | edit posted by
comment posting














 

trackback URL
http://bringengluck.blog88.fc2.com/tb.php/306-31ebe1d7
trackback