fc2ブログ

末広がり日記

初七日でした
皆様沢山の励ましのコメントありがとうございます
ウルーとタシュの事を思っていただき嬉しく思います
皆様のお言葉をいただいて二人とも元気に走り回っているはずです
きっとタシュは調子にのっているかもしれません

昨日は初七日
Eママさんから素敵なお花が届きました
本当にありがとうございました

110116.jpg


タシュがいた頃はちょっとクールだったうるちゃん
自分一人の時間も持っていて
あまり鳴く事もなかったね
タシュが旅立ってしばらく元気がなくて心配していたけど
どんどん元気に、わがままに、甘えん坊になっていったね

1年5ヶ月という短い間だったけど
私達は本当に幸せだったよ
可愛い可愛いうるちゃん
大好きだよ
タシュくんと一緒に我が家に来てくれて
本当に本当にありがとう

思い出話
抱っこして欲しい時
目をくりくりにして上手く肩に飛び乗ってきたね
棚から降りる時いつも兄ちゃん(M氏)の背中を踏み台にしてたね
遊ぶ時も兄ちゃんの背中で三角飛びして走りまわってたね
でも全部爪が出てなくてとてもお利口さんだったね

昼寝や見張りでひとりで寝室に行って
「あれ?わたしもしかしてひとり?」って気付くと
切ない声で「ニャオオオンンーーー!アワアアーーン」って鳴いてたね
リビングから「こっちにいるよー」と声をかけると
走りながらメチャクチャな鳴き声で飛び掛ってきたね
それを一日に何回もやってたよね
感動の再会ごっこと名づけて楽しんでたよ

最後まで「ごはーん」って鳴くのはうまく言えなかったけど
ごちそうさまを言ってたよね
ご飯を食べ終わると「ニャウワウゥ~」という不思議な鳴き方
いつからごちそうさまって気づいたんだっけかな
食べ終わって鳴かない時でも
「美味しかった?ニャウワゥ?」って私が聞くと
「ニャウワゥ~!ニャウワゥ~!」って鳴いてたね
本当に可愛くて大好きだった

猫砂を平らに均していないと
トイレの前に無言で座ってたね
スコップで真っ直ぐに均しはじめると
トイレに飛び込んで用を足してたね
そのくせちゃんと砂かけないんだもん、わがまま娘め

夜寝る時は、ベッド横の猫ベッドで寝て
気が向いた時だけ布団に入ってきてたのに
お昼寝の時は最初っから喜んで布団に入ってきてたね
左側の脇にぴったりくっついて
私の左腕を枕にしてたね
起きた時も布団の中で沢山お話をしたよね
うるちゃんが私と一緒にお昼寝するのを好きな気がして
もちろんそれが嬉しくて
あまり眠くない時もお昼寝時間を作るようにしてたんだよ
本当に幸せな時間だった

二度目の避妊手術も頑張ったよね
いい病院に巡りあえて本当に良かった
最後まで先生に威嚇しなかったよね、信頼できたんだよね

タシュが旅立って8ヶ月
まさかこんなに早く追いかけていくなんて思ってなかったよ
正直母子感染のFelvキャリアだったので
3~4年という覚悟はしてたんだよ
3年居てくれたら健康な猫の15年ぶんだ!って思ってた
それがその半分なんだもん、やっぱり少し早過ぎるよ

宅配が届いても、買い物袋下げて戻っても
チェックするよーって邪魔する子がいない
洗濯を取り込んでも飛び込んでぐちゃぐちゃにされない
キッチンに立っても後ろから覗かれる事もない
色んなことがとっても楽になっちゃったよ
楽になるって寂しいね

タシュくんやお友達としっかり遊んで
もし退屈だなあって思ったら
二人で次の毛皮を選んでまた戻ってきてね
待ってるからね


comment:10   trackback:0
[病気と旅立ち
comment
私の姉の猫も、溶血性貧血で去年なくなりました
その子はキャリアじゃなかったけど、輸血のために若い同居猫を連れて何度も病院へいってもどうにもならなかったそうです。
これだけ医学が発達しても、どうにもできない病気がまだまだたくさんありますね。
いつかウイルス性疾患にも効く特効薬ができることを願うばかりです。

ウルーちゃん、楽しい思い出をたくさん残してくれましたね(^^)
逝ってしまって今はすごく寂しいけど・・・
体は小さくても、存在感抜群だったもんなぁ
きっと今ごろ、タシュくんと大はしゃぎで遊んでますよ。
次も仲良し兄妹で生まれ変わってくるんじゃないかなあ(^^)
2011/01/17 20:05 | | edit posted by バルー
うるちゃんとの沢山のあったかい思い出。
ほんと、羽毛のような、柔らかくて暖かい、素敵な宝物ですね♪
読んでるだけで、私も心が暖かくなりました。

うるちゃん、タシュ君が先に旅立ってから、
いっぱい食べて力も体重もパワーアップしたものねw
パワーアップして旅立ったから、
タシュ君、以前とは違って、一筋縄にはうるちゃんにはかなわなくなってたりして(* ̄m ̄)
そんな事を想像してくすっとしてしまいますw

動物は純粋な生き物だから、生まれ変わりも早いって聞いた事があります。
それに、2にゃんとも、懸命にこの世を生きて天に帰って行った優等生にゃんなので、また生まれ変わりの許可を貰えるのも早いんじゃないかな?
猫ちゃんと暮らす幸せな事も、悲しい事も、何かあった時の対処も、その全てを経験し、痛いほど分かってるazureさん達のおうちは、猫ちゃんにとって幸せで居心地のいい場所に違いないんだもの。また戻ってきたいって思ってるに違いないです!
だからほんと、またいつか、azureさん達の元に戻ってきて欲しいな♪
2011/01/18 02:21 | | edit posted by かおりん
本当にあったかい思い出がいっぱいですね。
いっしょにお昼寝してくれるウルーちゃん、いいなあ(^-^)

バルーさん、かおりんさんがおっしゃるとおり、きっとふたりともいっしょに生まれ変わってazureさんの元に帰ってきますね。
2011/01/18 13:19 | | edit posted by しまぺんぎん
ウルーちゃんの思い出話、読んでて心が温かくなりました^^
この世にいたのはすごく短かったけど、その分たくさんの思い出を残してくれたんですね。
ご飯の後のごちそうさまの鳴き方、かわいい!
一度聞いてみたかったなあ^^

どんな毛皮を着てazureさんのところに遊びに来るか楽しみですね♪
私もその日を楽しみにしてますよ~^^
2011/01/18 20:22 | | edit posted by alpenkatze
お久しぶりです。
お久しぶり過ぎて、記事を読んでビックリしました・・・。
本当にビックリしすぎて何て言ったらいいのか・・・
すみません、言葉が見つからなくって
だめだ、コメント書いてて涙出てしまいます・・・。


ウルーちゃん、短い生涯だったけど、きっと いや絶対にazureさんの元へこれて、一緒に過ごせて幸せだったと思います!!!

きっと、今頃タシュ君と仲良くお空のうえから、おっかけっこでもしながらazureさんのお話でもしていることでしょう^^
本当、ありきたりな言葉しかかけることが出来なくてすみません・・・。

ワタシもブログを通してウルーちゃんに出会えて、azureさんに出会えてとても嬉しく思います。
今はお辛いでしょうが、きっとまた生まれ変わって会いに来てくれますよ!
2011/01/18 21:39 | | edit posted by あず
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/01/19 12:02 | | edit posted by
▼バルーさん
ありがとうございます
ああ…お姉様の猫ちゃんも溶血性貧血だったんですね
そして旅立ってしまったとのこと、お悔やみ申し上げます
何度も輸血したんですね、お姉様も同居の猫ちゃんも大変だったと思います
併血猫ちゃんは性格の良い子じゃないと難しいそうなので
亡くなった猫ちゃんも、同居猫ちゃんも本当に良い子なんでしょうね、そして頑張りましたね
こういうお話を聞くと、お空で
ウルーとバルーさんのお姉様の猫ちゃんが会ってるような気がします
仲良くしてくれるといいな(*'-'*)


▼かおりんさん
ありがとうございます
思い出しながら、ついつい自分ちの子自慢みたいになってしまいました(*'-'*)
毎日少しずつ居ない生活に慣れていってます
そうですねーウルーは成長して
タシュが旅立った時と同じくらいの大きさになってたので
きっとタシュが驚いているはずです
それでもヒゲと眉毛は抜かれてるんだろうなあ(笑

本当に動物は純粋ですもんね
遊び疲れたりちょっと退屈になったりして
またおうちに戻ってきてくれると嬉しいなと思ってます
タシュがお友達を沢山作ってると思うので当分遊んでそうですけどね(*´ー`*)


▼しまぺんぎんさん
ありがとうございます
本当に書いていると色々なことを思い出します
タシュの面白かった事とかも思い出したりして(笑
こんなに沢山思い出を残してくれて有難いなあと思っています(*'-'*)
お昼寝は本当に幸せでしたー
タシュがいなくなってからあまりお布団に入ってこなかったんですけど、お昼寝だけは別腹だったみたいです
M氏にいうとヤキモチやいてましたけどね(笑
アーニャンと胡桃ちゃんのように
対の模様で戻ってきてくれてもいいなあなんて思ってます(*'-'*)

2011/01/19 20:11 | | edit posted by azure
▼alpenlatzeさん
ありがとうございます
本当に沢山の思い出がいっぱいです
上京して一人暮らしをしてからずっと我慢していた猫だったので
思い入れもかなり強い子達になりました
ごちそうさまの「ニャウワウ~」!本当に可愛いんですよ(親馬鹿
珍しいので絶対動画に撮ろうと何度もチャレンジしたのですが
猫って待ち構えてたらやってくれないですよね…
私が「ごちそうさま?ニャウワウ?」と聞いて「ニャウワウゥ~」って返事してくれたのは撮ったのですが
あまりにも自分の声が酷くて消しちゃったんですよー本当に後悔してます(涙
今頃ふたりでドタバタ遊んでるんだろうなあと思ってます(*'-'*)


▼あずさん
ありがとうございます
本当に突然で…
病気を持っていてあまり長生き出来ないとは思っていたのですがちょっと早すぎですよね
少しだけですがウルーがいない生活に慣れてきました
ウルーのために泣いてくれてありがとうございます
チョコちゃんチロルちゃんが元気に成長しているのが嬉しいので
これからもブログ楽しみにしてます(*'-'*)


▼鍵コメさま
ありがとうございます
ずっとずっと優しい言葉をかけていただき本当に感謝しています
やんちゃ娘の構ってちゃんだったので
いつまでも甘えん坊で大変だーとは思っていたのですが
手がかかればかかるほどいないと本当に寂しいです
でもタシュくんと遊んでいると思うと
気持ちも少し楽になります
次はゆったりと化け猫になるくらいまで一緒にいたいです(*'-'*)
2011/01/20 00:00 | | edit posted by azure
楽しいウルーちゃんの思い出話 ありがとういござました!
そういえば ウルーちゃんって タシュ君がいたころは ちょっと大人しいお嬢さんってイメージだったな~って
読みながら 思い出しました。

甘えんぼさんにどんどんなっていったのは、きっとタシュ君に甘えてたのを 全部 azureさんとM氏さんに全部甘えたらいいんだよ~ってタシュ君が 教えてくれたのかもしれませんね。
お昼寝を一緒にって 気持ちよさそうですね~
そうですよね・・・3.4年が 15年分 そうかもしれません。
早すぎますね。毎日 いないって思うことが 寂しいですね・・・。
でも 今頃 2匹で新しい毛皮!!選んでるかもしれませんね(^^*)

人間でも動物でも 縁があるとまた会える!!そう聞いたことありますよ! きっと 次も 魂がやどった形となって azureさんのもとへ 来てくれそう~そんな気がします。

今度は ずっと長く首も伸びて(笑)尻尾も2又になるくらいに長くいてくれるといいな~~
2011/01/20 11:53 | | edit posted by 花あじさい
▼花あじさいさん
ありがとうございます
そうなんです、ウルーっておとなしい感じでしたよね
甘える順番の一番目がタシュだったんでしょうね
タシュがいなくなってから甘えん坊のわがままっ子になりましたが
それも本当にいい思い出だと感じます(*'-'*)
お気に入りだった場所に置いてあるブランケットや
キャットタワーがまだ片付けられません…
でも居ないことには慣れてきました
あ、朝ゆっくり寝られるようになったのは良い事かな(笑
この季節の御飯コールは辛いですよねぇ(´m`)
2011/01/21 20:48 | | edit posted by azure
comment posting














 

trackback URL
http://bringengluck.blog88.fc2.com/tb.php/311-63e59809
trackback